« 合奏&二重奏第2回目の練習日 | トップページ | レッスン124日目 »

2010.05.05

レッスン123日目

5月1日(土) 123回目の練習日

(1)CZARDAS
一通り弾いてから、注意点として、
レジスト切替えの間違い->似たような印(スイッチにつけた物)をつかわない。
見ないで切りかえる、位置を確認(目印から右へxx個とか)しておく。
楽譜の位置->右側に、慣れないうちは高く、慣れたら下に。
鍵盤、スイッチを見ないで最初から演奏。
鍵盤を全く見ないで位置を確認する方法の実習。

C3(3オクターブ上のド)を探す場合、鍵盤の下向きの位置の大体の所へ手を持っていく、
鍵盤の縦の位置と斜めの角度に手の指が向くようにして黒鍵を触り、指で黒鍵を掴む、
黒鍵が2つ並びか、3つ並びかを確認して、外側の指が白鍵の2つつながりがあるか確認して、
Cの音を確認する。
演奏中の音が飛ぶ所も、次に弾く指と別の指で黒鍵からの位置をみて確認する。

前奏部をチェック、6連譜(2か所)の弾き方確認。

*個人レッスン終了後は近くのTOGスタジオで二重奏の事前練習をしてから先生に見てもらいました。

(2)哀愁のミュゼット
最初に一通り通してから、
3連譜->16分音符の合わせの注意、<>の付け方。
3連譜の階段クレッシェンドをはっきりつけて、

4拍子ジャズ風の所、Part2は曲のイメージを決める所なので大事、レジストはMLで、
強弱はメロディ(Part1)ラインに合わせて。
最後の音(フェルマータ)の一つ前を伸ばして最後の音(?をつける)短めでも良い。

*5月9日の「かるふーる」で一般初公開!

|

« 合奏&二重奏第2回目の練習日 | トップページ | レッスン124日目 »

アコーディオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8642/48272664

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン123日目:

« 合奏&二重奏第2回目の練習日 | トップページ | レッスン124日目 »