« レッスン122日目 | トップページ | レッスン123日目 »

2010.04.29

合奏&二重奏第2回目の練習日

合奏講座第2回 2010年4月17日(土)10:30~12:00

・エディットピアフ・メドレー
初参加者もいるので、最初に曲の進行・スイッチの確認、トレモロ奏法の確認。
最初に通して演奏。
続いて各パート毎、曲の区切り毎に順番にパート練習、合わせ練習を繰り返し一通り最後まで練習。
全員が何をやるのか確認するのが今日の目標、ゆっくりゆっくり音の確認、次回には速く弾いてみる。


・二重奏(哀愁のミュゼット) 2010年4月17日(土)12:15~12:55

事前に合わせる時間が取れないので、合奏が始まる前の時間を使って合わせを1回やってみました。
前回の合わせ練習では相方がガンガン弾いて追いついて行くのが大変だったのですが(相方の言い分は、まだ出来ていないので速く弾いてしまうとのこと)、今回はゆっくりゆっくりの演奏になって(ということは、ほぼ出来上がったということで)、それはまた、合わせるのが大変で、アセアセでした。
とりあえず最後までいったので、1回合わせただけで事前練習を終わらせて合奏へ参加。

合奏練習が終わったら続いて隣の部屋で二重奏を先生に診てもらいました。
最初に通して演奏、音のバランスを確認してベースは全て二人とも弾くように。

最後の半音進行、途中でritしないで1音前からritする。
4/4の所のコード進行、87小節1拍目のコードDm/BのBをDになっている。
[A]から左手なしで合わせる練習。
[B]からの16分音符の4番目が速くなっている、合わせるように。
3連譜の後の16分音符が速くなっている、落ち着いて。
相手の息を読んで合わせるように。
35小節目からの強弱は合わせて進む。
41小節目からの付点4分音符の進行は、2拍子でなく3拍子で数えて合わせる。
1と2と3と1と2と3と・・・・・・
相手がどういうテンポで数えているか、それに合わせてテンポをとる。
111小節目からのPart2メロディを1回やって。
1パートと2パートとの合わせ方について。
合わせるときはメトロノームを使って。
通しての練習は10回の内1回にして、個別練習をしっかりと。

*
練習が終わったら、一度自宅に戻ってから赤レンガ倉庫へ。
今年のロビー演奏は、遠峰あこさん。

|

« レッスン122日目 | トップページ | レッスン123日目 »

アコーディオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8642/48211735

この記事へのトラックバック一覧です: 合奏&二重奏第2回目の練習日:

« レッスン122日目 | トップページ | レッスン123日目 »