« レッスン56日目 | トップページ | レッスン57日目 »

2007.08.13

音楽センター合宿(2007)

2007年の音楽センター合宿は秩父民宿「ごかばし」にて
8月10日(金)-12日(日) に行われました。

今年の初日は休暇が1日とれなかったので、半休を取り13:30に会社を飛び出し地下鉄のコインロッカーに、楽器を背負い荷物を持ってJR横浜駅南口へ、13:44分発の湘南新宿ラインで池袋まで、駅を降りたら西武の特急券発売所までダッシュ、インターネット予約した特急券の発売締め切り(発射時間の10分前)ピッタリの時間に特急券をゲット。駅係員曰く、この時間は席に余裕があるんでそんなに急がないでも良いですよ。
飯能駅で電車は向きを逆にして進行、西武秩父駅を下車してタクシーに乗り民宿「ごかばし」へ到着。

1日目
合宿の進行時間に間に合ったので、最初に個人レッスン。
個人レッスン担当の先生は川口裕志先生。
つづいて、伴奏講座に参加。合宿ではいつも伴奏講座を選択しています。
伴奏講座担当の先生は中山英雄先生。
伴奏講座が終わってから夕食、夕食の後に翌日の演奏交流会での出し物、柴崎教室ではOBLIVIONの合奏をするということで合奏の練習を。
その後は、私の部屋で柴崎教室のメンバーで懇親会を1時過ぎまで、その後にお風呂に入りました。

2日目
朝食後は個人レッスンタイムですが私の順番は16:00からということで、午前中はまったりと自己練習。
関東アコ参加曲のグラスホッパー物語と、翌日の柏アコパ参加曲のハーモニカ、ジンギスカン、8/28予定のTrink,Trink,Brüderlein,Trink、12月予定のヴィオレッタに捧げし歌をボチボチと。50肩になってしまったので、以前のように無理弾きはせずにそこそこに。
昼食後は伴奏講座、その後個人レッスン。
夕食後は肩が大夫はってきたので演奏交流会に備え入浴。そういえば、OBLIVIONの合奏練習はどうなっているのだろう、もしかしてと思っておくの練習場に行ったら皆さん合奏の練習していました。最後の部分だけちょこっと参加。
演奏交流会、この合宿、初回の参加の時から演奏交流会では合宿のレッスンを受けていない曲で、楽譜が一般に無い曲を演奏する(単に目立ちたいだけ?)ということで、今回は2年前に楽譜にしたけどその時は演奏する力がなかったので保留にしていた曲、キャオ教授のHPにあったイスラエルのフォークダンス曲「ハーモニカ」を演奏しました。前奏部では止まってしまいましたが、楽しそうな曲ということで評判がよかったようです。
2日目は五味田さんの部屋でで懇親会、関西からお見えになったJAA理事の西辻理事の取材も兼ねた関東のメンバーのお話を聞きました。

3日目
朝食後は公開レッスン、川口教室のメンバーが順番に演奏し先生の指導を受けました。
続いて伴奏講座、その後に合奏講座の方々の合奏曲「新世界」を聞いてから昼食。
午後は閉講式発表会、各教室の代表の方の演奏と講師演奏。
川口教室では私が代表ということで「グラスホッパー物語」を演奏、途中で止まりはしなかったけど、音をはずすところがあちこちに、まだまだですね。

終了後は宿のバスで西武秩父駅へ、往路と逆の順序で戻り、途中渋谷駅から田園都市線であざみ野センター南経由で自宅に戻り。

*グラスホッパー物語の注意事項
前奏部、ベローの開閉2小節開、2小節閉で、1拍目にアクセントを入れないで、1-2小節目3/8ごとに音量を下げベローストップ、3-4小節目、小節最後の8分音符を十分弾く(途中ではしょらない)
4段目4小節目装飾音の#を忘れないように(間違えて覚えていた)
6段目4小節目の左手、楽譜と演奏法が異なる。楽譜を訂正する。
2ページ目最下段、過去を回想するシーン、右手MMだがMのシングルトーン(ベースもLのシングルトーン)ではどうか?この方が感じがでる。直します。
後半部、テンポを保って。

|

« レッスン56日目 | トップページ | レッスン57日目 »

アコーディオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8642/16101832

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽センター合宿(2007):

« レッスン56日目 | トップページ | レッスン57日目 »