« レッスン39日目 | トップページ | DBからExcelへダウンロード »

2006.11.18

レッスン40日目

11月18日(土) 40回目の練習日

今日は風邪等でお休みの人が多かったようで14時からの練習。
毎回練習を録音しているのですが、今回は失敗して録音できていませんでした。
ポルタート奏法のお手本録音できなくて残念!

(1)P.28 Maenlaskija
練習してきたポルタートでの弾き方、まだスタッカートぎみのようでした。鍵盤を深く押すように。
2~3段目の右手のばし音・左手メロディ、左手のばし音・右手メロディのところは意識しないと延ばしている音が揺れてしまう、揺れないように弾くには延ばす音の方を意識して弾く。(意識しないとベローがゆれてしまう)
ベース音がソ・ラ・シ・ドから始まるディミニッシュコード2オクターブの奏法、ソ=1、ラ=2、シ=2、ド=1からはじめる、2から始める音は2-1と最初から交差する。
指の形をチェック。早いパッセージを弾く時は指の形が正しくないと弾けない。
ボールを持つような指の形で。結果的に指と鍵盤が垂直に当たるように。

(2)高原列車は行く
来年2月に高齢者施設で演奏予定の曲を見てもらいました。
ピアノ譜からアコ用にアレンジしてみたのですが、ピアノ譜を同じパターンでアコ譜にしてもやはり所々違和感が。
伴奏打ち、コード進行の直しがはいりました。それから、
伴奏アレンジの場合、歌の初心者に対しては音の空白をなくしてリズムをきざむ、休符のところで次の歌いだしの前にはタラララと歌が入りやすくする、歌の熟練者に対してはメロディーをうるさくしないでカウンターメロディーをつける。

レッスンの帰りに谷口楽器に寄り、「堀部アコーディオン教室指導曲集No.7」(の9.に高原列車が行くがありました)を購入してきました。
自分でアレンジしたのと比べてみたら、やっぱりよく出来ている。(当たり前ですね)

|

« レッスン39日目 | トップページ | DBからExcelへダウンロード »

アコーディオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8642/12736259

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン40日目:

« レッスン39日目 | トップページ | DBからExcelへダウンロード »